スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カール・ツンベルク

Carl Peter Thunberg,porträtt av Krafft d.y. 1808カール・ツンベルク(Carl Peter Thunberg, 1743年11月11日 - 1828年8月8日)は、スウェーデンの植物学者、医学者。出島の三学者の1人に数えられ、日本植物学の基礎をつくる。日本語の表記では、ツンベルク[1]、ツンベルグ[2][3]、ツンベリ[3]、ツンベリー[4]、トインベルゲ[5]、ツーンベリ、ツュンベリー[2]、ツューンベリ[2]、チュンベリー、ツェンベリー、トゥーンベルイなどがあり一定しない。スウェーデン語に近い発音表記は、トゥーンベリ[3][1]である(名前の中の、hはこの当時の名前では発音しないのが一般的である)。1743年11月11日、スウェーデンのイェンシェーピンに生まれる。 ウプサラ大学のカール・フォン・リンネに師事して植物学、医学を修めた。フランス留学を経て、1771年オランダ東インド会社に入社し、ケープタウン、セイロン、ジャワを経て、1775年(安永4年)8月にオランダ商館付医師として出島に赴任した。翌1776年4月、商館長に従って江戸参府を果たし徳川家治に謁見した。ツンベルクは、わずかな江戸滞在期間中に、吉雄耕牛、桂川甫周、中川淳庵らの蘭学者を指導した。1776年、在日1年で出島を去り帰国し、1781年、ウプサラ大学の学長に就任した。在日中に採集した植物800余種の標本は今もウプサラ大学に保存されている。著書『日本植物誌』『ヨーロッパ、アフリカ、アジア紀行』『ツンベルクの日本紀行』山田珠樹訳註 改訂復刻版が<異國叢書>雄松堂書店、1966年  ツュンベリー『江戸参府随行記』 高橋文訳、平凡社東洋文庫、1994年。原典訳本『喜望峰植物誌』関連項目キリル・ラクスマン西村三郎:リンネ等の伝記著者博物学ヤハズカズラ属(ツンベルギア):キツネノマゴ科の植物。ツンベルクにちなみ命名された。脚注^ a b 『岩波生物学辞典』^ a b c 『生物学名概論』平嶋義宏^ a b c 『日本史広辞典』(山川出版社)^ 『風雲児たち』みなもと太郎(新版リイド社)^ 『野叟独語』杉田玄白 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%84%E3

<水戸女性死亡>自宅のこたつで73歳窒息死 事件性を捜査(毎日新聞)
「崖の上のポニョ」、関東で29.8%(時事通信)
中3女子宅に放火容疑で再逮捕=脅迫の龍谷大生-大阪府警(時事通信)
インフルワクチンを過大評価=母親の9割、正しく理解せず-民間調査(時事通信)
ワクチン一本化 新型インフル 季節性と混合(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:もんまよしお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。