スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新製品のぜんそく治療薬で競合品との差別化に自信―アストラゼネカなど(医療介護CBニュース)

 アストラゼネカの金子潔プライマリーケア事業本部長は1月14日の記者会見で、13日に発売した成人気管支ぜんそく治療薬シムビコートタービュヘイラーについて、抗炎症効果に関するグラクソ・スミスクライン(GSK)のアドエアとの直接比較のデータを示し、「救急車で運ばれるようなひどい発作の発現回数が、アドエアより約32%減少した」などとして、差別化に自信を示した。

 シムビコートとアドエアは共に、吸入ステロイド薬と長時間作用性β2刺激薬の配合剤。アストラゼネカはアステラス製薬とシムビコートの共同販促を行い、両社合わせて2700人のMR(医薬情報担当者)を投入する。内訳は、アストラゼネカで全MR1719人のうち 1400人、アステラス製薬で2400人のうち1300人。

 会見で、アストラゼネカのマーク・マロン上級副社長は「日本市場での成功の期待は大きい」と強調。アステラス製薬の山田活郎営業本部長は「将来、大型化を狙いたい」と述べた。


【関連記事】
「ぜんそく治療薬の新たな選択肢」発売へ―アステラス、アストラゼネカ
【中医協】糖尿病、吸入ぜんそく治療剤など保険適用へ
「ぜんそく死ゼロ」目指すガイドライン―日本アレルギー学会
急性冠症候群の治療薬をFDAに申請―アストラゼネカ
抗ぜんそく薬ICS、「副作用ありそう」が4割超

小人村
ラーメン魂
けいじのブログ
自転車通勤
渋谷で働く花屋のブログ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もんまよしお

Author:もんまよしお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。