スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コウノトリ 野生と放鳥のペアからひな 兵庫・豊岡の公園(毎日新聞)

 兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷(さと)公園は18日、園内の人工巣塔で、大陸から飛来したとみられる野生のコウノトリの雌(推定4歳)と07年に放鳥した雄(4歳)のひな1羽を確認したと発表した。野生と放鳥のペアからひながかえるのは初めて。同公園は「飼育し放鳥されたコウノトリ以外の新しい血統が入ることになり、遺伝的な多様性の点で意義深い」としている。

【分かりやすく解説】コウノトリの野生復帰支援など 「ふるさと納税」に知恵絞る

 雌は06年に豊岡市に飛来し、愛媛県西予市との間を何度も往復していることから、「エヒメ」の愛称で呼ばれている。2羽は昨年ペアになって園内で産卵したが、ふ化には至らなかった。今年は3月15日以降に5個の卵が確認され、うち1個がかえった。

 放鳥したコウノトリや放鳥後に生まれた2世は野外に計35羽いる。しかし血統で分類すると六つにくくられ、近親交配の確率が高い。エヒメはロシアや中国から渡って来たとみられ、これらの血統に属さない点で貴重という。

 巣の中の1個はカラスが持ち去っており、同公園は残る3個の観察を続けている。【藤田宰司】

【関連ニュース】
【動物の写真で癒やされよう】大きな口を開けてえさを待つコアジサシのヒナ
【動物の親子 写真特集】シロクマ:温暖化で激減 写真家、丹葉さんが見た
【動物の親子 写真特集】カラフトマスを捕らえたヒグマの親子
【赤ちゃん写真特集】カワウソの赤ちゃん、愛らしい仕草が人気

次回期日直前の面談を要請―全国B型肝炎原告団・弁護団(医療介護CBニュース)
<鳩山首相>普天間、献金で不用意発言連発 後援者懇談で(毎日新聞)
法曹人口「ペースダウンを」=時効撤廃には慎重-日弁連会長(時事通信)
<米国>キャンベル次官補訪日へ 普天間移設など協議(毎日新聞)
不明3人か、遺体発見=愛知の資材置き場-放置車遺体と関連捜査・長野県警(時事通信)
スポンサーサイト

乾燥食品に金属片混入 天野実業が自主回収(産経新聞)

 アサヒビールの子会社で食品メーカーの天野実業(広島県福山市)は16日、同社が岡山県内の工場で製造している乾燥食品「おこげ入り抹茶ぜんざい」を食べようとした広島県内の女性から「おこげに細い金属片が入っていた」と連絡があり、おこげを具材とする全18商品を自主回収すると発表した。

 同社によると、おこげは台湾から輸入しているが、混入の経緯や時期は不明。健康被害の報告はない。出荷前に同社の工場で製造した具材と合わせ、異物混入の検査をしており、在庫商品にも異常は見つからなかった。

 18商品は通信販売も含め、全国に年間約160万食を出荷している。

 問い合わせは、商品回収専用ダイヤル(0800・123・3046)。

【関連記事】
「食の安全」条例違反に罰則 新年度、変わる行政サービス 茨城
電気蓄熱式湯たんぽを自主回収 桐灰化学、カバー焦げる
米国製「抱っこひも」、窒息死受け回収 福岡の輸入会社
「茨城の石焼き芋」北海道で回収 包装の一部が膨張
風船が一瞬で破裂…出回る違法「レーザーポインター」 

<首長新党>松沢神奈川県知事が評価(毎日新聞)
クシュン!桜も身震い 仙台・3番目に遅い積雪(河北新報)
<春姫道中>徳川義直の正室こし入れの様子を再現…名古屋(毎日新聞)
次官の代わり「事務系副大臣」検討と仙谷氏(読売新聞)
<独立行政法人>17独法で海外出張に「支度料」支給(毎日新聞)

普天間問題で協力要請 日米非公式首脳会談で首相(産経新聞)

 【ワシントン=酒井充】訪米中の鳩山由紀夫首相は12日夜(日本時間13日午前)、オバマ米大統領との非公式会談に臨み、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題について日本側の検討状況を説明、5月末までの決着に理解を求める考えだ。

 首相は核安全保障サミットの夕食会でオバマ大統領の隣席に着き、普天間問題について意見交換。公式会談は普天間問題に対する日本側の検討が進展していないこともあり、見送られた。

 首相は、米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)陸上部に600メートル級のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)を造る案や、徳之島(鹿児島県)に移設する案を軸に米側との調整を進めたい考えだ。ただ、移転先となる地元自治体では受け入れ反対の動きが強まっており、5月末までの決着は難しい状況にある。

 一方、米側はシュワブ沿岸部にV字形滑走路を造る日米合意案(現行案)が最善との立場を崩していない。ルース駐日米大使は9日に岡田克也外相と会談した際、現行案以外の移転を進める実務者協議の開始について「時期尚早」と伝えていた。

【関連記事】
民主、地方選で苦戦続き 支持率“危険水域”20%台突入
普天間「県外軸に機能移転」官房長官、沖縄県議会議長に
小沢幹事長の訪米中止、米の激怒から 「大統領は会わない」
普天間 米大使、地元合意に懸念表明 実務者協議先送り   
「普天間が一番」 疲れの原因聞かれて首相
外国人地方参政権問題に一石

<天気>オフィス街は冬景色 もう春なのに 冷え込み続く(毎日新聞)
<ホームオブハート>慰謝料上乗せ 原告側と和解(毎日新聞)
環境省 雄のテン1匹を捕獲と発表 トキ襲撃かは不明(毎日新聞)
胎児治療薬に保険適用=肺の成熟を促進-「画期的」専門家ら評価(時事通信)
<エレベーター>11人閉じ込められる 大江戸線・森下駅(毎日新聞)

重文の古代装身具、修復終了=吉野ケ里遺跡「管玉」-奈良(時事通信)

 吉野ケ里遺跡(佐賀県)で出土した国の重要文化財で、2009年4月に破損した古代の装身具「ガラス管玉」が9日、1年ぶりに修復を終え、奈良県生駒市で報道陣に公開された。
 滋賀県立安土城考古博物館(近江八幡市)によると、管玉は長さ約2~6センチ、直径0.7~0.9センチ。同博物館の職員が展示準備のため、ひもでつないだ管玉を並べていた際に誤って床へ落とし、46点のうち9点を破損した。
 元興寺文化財研究所保存科学センター(生駒市)が修復作業を実施。管玉の破片をつなぎ合わせたほか、アクリル樹脂を使って欠けた部分を埋めた。壊れなかったほかの管玉にも樹脂をコーティングし、破損しにくくしたという。 

【関連ニュース】
【動画】岡本太郎のモザイクタイル壁画下絵を初公開
【Off Time】長崎・壱岐の旅 絢爛刺繍と海の王都
【Off Time】マチュピチュの旅
【Off Time】アンコールワットの旅 探検家気分で遺跡めぐり
〔写真特集〕驚くべき自然 人類の英知 世界遺産

【キブンの時代】第2部 危険はどこに(3)マスクに殺到、豚肉料理中止…(産経新聞)
【風】画一的無償化でモラルハザード(産経新聞)
自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案(産経新聞)
園田氏らの退会了承=自民・古賀派(時事通信)
ドタキャンの元朝青龍関らを提訴 1500万円賠償へ(産経新聞)

21歳陸士長、隊員寮から10万円盗んだ疑い(読売新聞)

 陸上自衛隊第10師団司令部(名古屋市守山区)は1日、守山駐屯地第35普通科連隊の男性陸士長(21)を懲戒免職処分にした。

 発表によると、陸士長は昨年6月から今年1月までの間に、同駐屯地内にある隊員寮で、9回にわたって無施錠の同僚隊員の部屋に侵入し、財布などから計10万円を盗んだとしている。

 この同僚隊員から「所持金が少なくなっている」との報告を受けた陸自警務隊による内部調査で発覚。陸士長は「遊ぶ金欲しさにやった」と認めたという。

弁護士資格なく会社整理=容疑でコンサル会社捜索-警視庁(時事通信)
“ネット出身”自民公認・三橋氏、アキバでコスプレ政治パーティー(スポーツ報知)
警察官装い運転免許証詐取=45歳男逮捕、「50件やった」-警視庁(時事通信)
「台風の目」になれるか 与謝野氏離党で新党結成の動き加速(産経新聞)
強風か、桜の木倒れる=けが人なし-東京・上野公園(時事通信)

<小惑星探査機はやぶさ>地球帰還が確実に 軌道に到達(毎日新聞)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、人類初となる小惑星の岩石採取に挑戦した探査機「はやぶさ」が地球へ帰還する目標軌道に到達したため、主エンジンの連続運転を停止したと発表した。これで今年6月の地球帰還が確実となり、今後、微調整を繰り返しながら地球を目指す。

 はやぶさはこの日、地球の上空約1万4000キロを通る軌道に入った。気象衛星など静止衛星の軌道(約3万6000キロ)より低い。現在、はやぶさは地球から約2700万キロの地点をエンジンなしで慣性飛行している。

 はやぶさは、地球と火星の間を回る小惑星「イトカワ」に接近、2度の着陸と離陸を成功させた。主エンジンは何度も故障に見舞われたが乗り越え、設計寿命(1万4000時間)に迫る運転を続けてきた。往復約45億キロという長旅のゴールが間近になった。

 27日午後3時17分、主エンジンが停止。神奈川県相模原市の管制室では関係者が互いに握手をして喜んだ。主エンジン担当の国中均JAXA教授は「小惑星への往復航行は今日で達成されたといえる。よく帰ってきた。大満足です」と話した。

 はやぶさは6月、イトカワの岩石が入っている可能性があるカプセルを分離後、大気圏に突入し燃え尽きる。カプセルはオーストラリアの砂漠に落下する予定。【永山悦子】

 【ことば】▽はやぶさ▽ 人類初となる小惑星からの岩石採取を目指し、03年5月、鹿児島県内之浦町(現・肝付町)から打ち上げられた。大きさは軽自動車ほどで、開発費は127億円。05年11月、イトカワから離陸した直後、姿勢制御用エンジンの燃料が漏れるなど深刻なトラブルが起き、帰還が約3年遅れた。電気推進エンジンの長時間運転や小惑星の詳細観測、小惑星への着陸・離陸など、これまでに数々の成果を上げている。

【関連ニュース】
恐竜絶滅:1回の小惑星衝突が原因 直径10~15キロ
恐竜:絶滅、1回の小惑星衝突が原因 12カ国のチーム、米科学誌に発表
世界の雑記帳:恐竜絶滅、1回の小惑星衝突が原因=国際研究チーム
的川博士の銀河教室:074 小惑星の衝突と冥王星の表情変化
的川博士の銀河教室:073 宇宙メッセージ・キャンペーン

立ち入り9割超で違反、公表制度の創設検討 高円寺ビル火災受け報告書(産経新聞)
<水俣病>和解成立 熊本地裁で不知火患者会(毎日新聞)
無償化除外を批判した兵庫知事などに脅迫状(産経新聞)
「飛び込み出産」7割がハイリスク(読売新聞)
障害者自立支援 奈良地裁でも和解(産経新聞)
プロフィール

Author:もんまよしお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。