スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東大震災、朝鮮人虐殺の犠牲者 大半の教科書に記述(産経新聞)

 関東大震災直後の朝鮮人虐殺は、小学校から高校までの社会科教科書にすべて記述されている。

 中学では「およそ7000人」(清水書院「新中学校歴史」)、高校では「6000人以上」(東京書籍「新選日本史B」)、「約6700人」(実教出版「高校日本史A」)といった記述のほかに、「数千人」「多数」としたものもある。

 小学でも「罪のない数千人の朝鮮人が殺される事件が起きました」(教育出版「小学社会6上」)などと記述している。小中高とも、「虐殺」についての記述が、関東大震災についての説明の半分前後を占めている。

 学習指導要領や、教科書編纂(へんさん)に影響が強いとされる学習指導要領解説書には、朝鮮人虐殺についての言及はない。文部科学省は「過去10年の教科書検定で、犠牲者数について検定意見が付いたことはない」としている。

車内に覚せい剤、起訴の男性に無罪判決(読売新聞)
大わらじみこしが練り歩き=山形県高畠町〔地域〕(時事通信)
万引き容疑者、飛び降り死亡=警官追跡中、12階屋上から-大阪(時事通信)
経口投与困難ならラピアクタを―日本感染症学会が提言(医療介護CBニュース)
<訃報>島田隆夫さん86歳=元鉄建建設副社長(毎日新聞)
スポンサーサイト

<ウォーターボール>知事も中でダンス、ダンス、ダンス(毎日新聞)

 菓子メーカー「ロッテ」が、同社のガムのCMで踊られているダンスの動画を募集したコンテストで、女子大生が「ウォーターボール」の中で踊った作品が滋賀県エリア部門で1位を受賞。企画した「NWWAびわ湖PRプロジェクト」(御舩泰秀代表)がこのほど、賞金の一部を県に寄付した。【後藤由耶】

 ウォーターボールは直径約2・5メートルの透明な塩化ビニール製で、中に人が入り密閉した状態で水に浮かばせ、「水上散歩」を楽しむことができる遊具。琵琶湖で体験でき、水上歩行の競技大会も開かれている。

 御舩さんは、琵琶湖のPRを兼ねてコンテスト参加を企画。いずれも立命館大3年の久間菜央さん(21)と高坂香梨奈さん(21)が出演し、昨年10月、大津市柳が崎の琵琶湖岸でウォーターボールの中に入りガム「フィッツ」のダンスを踊った。

 動画はロッテのホームページで公開され、約1カ月間のアクセス数を競った。この結果、同プロジェクトの作品が県内最多の5045アクセスを記録。同プロジェクトは、賞金から経費を差し引いた2万5251円を県に寄付した。

 県庁を訪れた御舩さんらはウォーターボールを持参。中に入った嘉田由紀子知事は、「これは新しい琵琶湖の楽しみ方。今度は琵琶湖の上で楽しんでみたい」と喜んでいた。

(2010年1月21日滋賀面)

【関連ニュース】
<こちらはポッキーダンス>忽那汐里:益若つばさ、IMALUらとCMの「ポッキーダンス」披露
<あの五輪代表は小1からダンス>高木美帆選手:万能15歳 サッカーも陸上もダンスも
<永ちゃんもダンス>矢沢永吉:パラパラマンガで“4倍速”ダンス
<香里奈さんも>春服で軽やかにダンス ニッセン春カタログCM
<水嶋ヒロは>長谷川潤のくねくねダンスに「クギ付け!」

ブランド店で900万円相当盗難=男3人、ガラス割り侵入-大阪(時事通信)
<飲食店主殺害>59歳被告の男再逮捕 東京・南青山の事件(毎日新聞)
【産経・FNN世論調査】自民は回復の糸口つかめず(産経新聞)
<全建国保>多数が無資格加入、都など徳島県支部を検査(毎日新聞)
ブランド店で900万円相当盗難=男3人、ガラス割り侵入-大阪(時事通信)

「半落ち」容疑者vs捜査員、供述の信憑性は…“本丸”へ詰めの捜査 松戸女子大生殺害 (産経新聞)

【衝撃事件の核心】

 いよいよ核心部分に近づきつつあるようにみえる。千葉県松戸市のマンションで昨年10月、千葉大園芸学部4年の荻野友花里さん(21)が殺害され室内が放火された事件は、事件と同時期に強盗などを繰り返していたとして逮捕された竪山辰美容疑者(48)が、荻野さん殺害について認める供述を始めたことで、重大局面を迎えた。千葉県警松戸署捜査本部はいよいよ事件の“本丸”、殺人容疑での再逮捕に向けた検討に入った。だが、依然として不可解な部分は残る。竪山容疑者の自供はあくまでも“半落ち”の状態だからだ。その先に見え隠れするものは…。(西山典男)

■「市橋とは違う」…上申書提出で一筋の光

 「もみ合いになり、刺しました…」

 年明け間もない、松戸署の取調室。女性2人への強盗致傷容疑などで3度目の逮捕をされていた竪山容疑者は、向かい合う県警の捜査員に、荻野さん殺害を認める供述を始め、一連の犯行の実態を上申書にまとめて提出した。

 上申書には、殺害に使用した凶器の刃物を捨てた場所も記されていた。裏取りに走った捜査員が向かったのは、荻野さんが通っていた千葉大園芸学部の構内。まもなく敷地内の外れにある土手付近から凶器とみられる包丁や血の付いた女性もののTシャツ、空のキーケースが見つかり、供述は、裏付けられた。

 竪山容疑者は早い段階から、荻野さんのカードを使って現金自動預払機(ATM)から現金を引き出したのは自分だと認め、「カードで金を下ろした」と認めていた。しかし同時に「(カードは)拾った」などとも供述。その後は「冷たい世間にほうり出されて」などと自己弁護に終始していたという。

 当時、ある捜査幹部は、なかなか荻野さん殺害につながっていかない捜査状況について「(殺害現場の自宅は)放火で証拠が焼けてしまっている。供述がないときつい」と思わずこぼしていた。

 別の幹部は「軽い方(カードの窃盗)を簡単に認めたのは、重い方(荻野さん殺害など)を認めたくないからではないか」と竪山容疑者の心中を推測。肝心の部分をのらりくらり交わす取り調べの様子にいらだちながら「松戸は(否認のまま殺人容疑などで逮捕した)市橋達也のケースとは違う」と捜査の難しさを語っていた。

■容疑者は「完落ち?」に首振る捜査幹部

 これまでに明らかになっている竪山容疑者の供述から、犯行前後の行動を時系列に並べると、以下のようになる。

 《昨年10月20日午後》ベランダの窓ガラスを割って無人の荻野さん方に侵入。しかし、金目の物を発見できず。

 《21日午前》荻野さん方で一晩過ごすうちに友人宅から荻野さんが帰宅。脅してATMの暗証番号を聞き出す。その直後、もみあっているうちに荻野さんを刃物で刺し、荻野さん死亡。

 《21日午後》JR松戸駅前などの複数のATMで荻野さんの口座から現金計2万円を下ろし、いったんは逃亡。

 《22日夜》再び荻野さんの部屋に戻り放火。

 竪山容疑者は捜査本部の調べに対し、放火の際「(人が来て)ドアをドンドンたたく音が聞こえたので窓から逃げた」などと供述しているという。当時、荻野さんの様子を見に来た知人の男性が、「荻野さん方から煙が出ているのを発見し、ドアをたたいた」と証言しており、上申書の内容は、この証言とも矛盾しないようだ。

 もっとも、竪山容疑者の自供を、捜査本部はすんなりと受け入れているわけではない。

 捜査幹部は竪山容疑者がすべてを洗いざらい供述した「完落ち」との見方に対して首を横に振る。

 竪山容疑者はあくまでも荻野さんを刺した、という外形事実については認めたものの、その背景や殺意、殺害の経緯などについては、細部を語っていない「半落ち」の状態だ、というのだ。

 捜査幹部の見立てはこうだ。「竪山容疑者は状況からみて、(荻野さんの)殺害行為にかかわったことに関しては言い逃れできないと考えたのだろう」

 そして指摘する。「素直にしゃべり出したようでいて、実は、それは『殺意』を否認するためのものだったのではないか」

 確かに、なぜ荻野さんが全裸だったのかなど、全容解明には乗り越えなければならないハードルがいくつかのこされている。

■侵入目的は? 殺害理由は? 状況重ねて考えると…

 荻野さんを刃物で刺した状況について、竪山容疑者は「もみ合っているうちに…」などと説明し、殺意を否認しているが、荻野さんの首や胸には複数の刺し傷があった。胸にあった傷で最大のものは深さ約11センチあり、心臓付近の動脈に達していた。捜査関係者は「傷の状態から、もみ合ったついでにできる傷ではない」として、強い殺意があったと指摘する。

 では、なぜ荻野さんを殺害しなければならなかったのか。

 竪山容疑者は平成14年4月、神奈川県内で強盗致傷事件を起こし、裁判で有罪判決を受け服役。昨年9月に出所したが、その後少なくとも荻野さんの事件以外で4件の強盗や強姦事件を起こしていることが分かっている。事件はすべて女性が被害者で、竪山容疑者は被害者の顔を殴るなど暴力を振るっていた。ただ、荻野さんのようにナイフを使ったケースはなく、もちろん殺害に至ったケースもない。放火したケースも判明していない。

 竪山容疑者は荻野さんに対する事件の動機を「空き巣目的」などと供述しているというが、これまでの犯行傾向を見ると、荻野さんの事件についても、暴行目的だった可能性は否定できない。

 竪山容疑者の犯行には、松戸市内で行われたものもあり、「ターゲットを物色していた可能性もある」と指摘する捜査員もいる。「駅などで見つけた荻野さんの自宅を事前に特定していた可能性だってある」と捜査員。荻野さんをターゲットにし、最初から荻野さんを襲うために室内へ侵入したのではないか-。こう推測する捜査関係者は少なくない。

 「気丈にも、荻野さんは竪山容疑者に対して強く抵抗し、業を煮やした竪山容疑者が殺意を抱いたのではないか」。別の捜査員は、自らの見立てをこう語った。

■「申し訳ないことした」と語る容疑者

 もう1つ、解明されていない謎がある。「なぜ、現場に戻ったのか」という点だ。

 竪山容疑者が、帰宅した荻野さんと自宅で遭遇したのは昨年10月21日午前。そして、ATMで金を下ろしたのは同日午後。しかし、そこから部屋が放火された22日午後8時過ぎまでには30時間以上の開きがある。

 古くから「容疑者は現場に戻る」という行動心理があるようだ。証拠隠滅という目的があったかもしれない。ただ、この行為はあまりに目撃されるなど、大きなリスクを伴う。実際、竪山容疑者は荻野さんの友人とあわや鉢合わせするところだった。

 「遺体を焼いて証拠隠滅を図りたかっただけではないだろう。消し去りたかった証拠は、他にもあったはずだ」。捜査員はそう指摘している。

 現在、竪山容疑者は殺害を認めるとともに、「(荻野さんに)申し訳ないことをした」などと供述し、反省した様子をみせているという。

 しゃべり出しても、なお残る不可解な部分。出所後すぐ、罪のない女性を殺し、さらに部屋に火を放つという許されざる犯行を語った男の供述は、どこまで信用できるのか。

 捜査本部は、荻野さん殺人と放火容疑での逮捕に向け、詰めの捜査を行っている。

【関連記事】
16歳の少女を2カ月も“支配” 33歳男のゆがんだ欲望
全国初サッカーくじ偽造 夫が手をそめたワケは…
犯行手口は漫画『クロサギ』から?ティファニー強盗の正体とは
日本に群がる「爆窃団」 スピード逮捕で見えた強欲さ
「痛がる顔に興奮する…」女児殴った男の身勝手な動機

<火災>住宅が全焼し男性1人が死亡 宇都宮(毎日新聞)
<野口宇宙飛行士>北海道の子供たちと交信 質問に答える(毎日新聞)
小沢氏聴取、できるだけ早くと首相(読売新聞)
海賊巧妙化 厳戒アデン湾 海自派遣部隊、活動公開(産経新聞)
4億円不記載 「大久保容疑者が了承」 石川容疑者ら供述 寄付偽装も報告(産経新聞)

小沢氏、23日に聴取=「被疑者」も検討-4億円の説明求める・東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」による土地取引をめぐる事件で、東京地検特捜部による小沢氏への任意の事情聴取が23日に行われることが、関係者の話で21日、分かった。特捜部は、参考人としてではなく、黙秘権を告げた上での「被疑者聴取」とすることも検討しているもようだ。
 特捜部は、土地取引に充てられた4億円の資金には、ゼネコンからの裏金が含まれるとみて捜査しており、資金の性格について、小沢氏に詳しい説明を求める。
 特捜部は5日に小沢氏に聴取を要請したが、小沢氏側は、多忙であることなどを理由に応じてこなかった。しかし、衆院議員石川知裕容疑者(36)らの逮捕を受けて応じることを決め、19日に特捜部に回答。弁護士を通じて日程調整を進めてきた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

474万回分に希望わずか200回分=輸入ワクチンの初出荷で-新型インフル(時事通信)
ネットワーク構築、粘菌に学べ=効率、首都圏の鉄道網並み-北大など(時事通信)
新型インフル 和歌山県内で初の死者 85歳女性(産経新聞)
【風】「私のようにならないで」(産経新聞)
首相動静(1月19日)(時事通信)

<平沼赳夫氏>蓮舫議員の仕分け批判「元々日本人じゃない」(毎日新聞)

 平沼赳夫元経済産業相は17日、岡山市内で開いた政治資金パーティーのあいさつで政府の事業仕分けを批判し、仕分け人を務めた民主党の蓮舫参院議員について「元々日本人じゃない」と発言した。

 平沼氏はあいさつの中で、次世代スーパーコンピューター開発費の仕分けで蓮舫議員が「世界一になる理由があるのか。2位では駄目なのか」と質問したことは「政治家として不謹慎だ」とし、「言いたくないが、言った本人は元々日本人じゃない」と発言。「キャンペーンガールだった女性が帰化して日本の国会議員になって、事業仕分けでそんなことを言っている。そんな政治でいいのか」と続けた。

 平沼氏はパーティー終了後の取材に対し、「差別と取ってもらうと困る。日本の科学技術立国に対し、テレビ受けするセンセーショナルな政治は駄目だということ。彼女は日本国籍を取っており人種差別ではない」と説明した。

 蓮舫議員のウェブサイトによると、蓮舫議員は67年、台湾人の父と日本人の母の間に生まれた。当時は父親が日本人の場合にしか日本国籍を取得できなかったが、改正国籍法施行後の85年に日本国籍を取得した。【石川勝義】

【関連ニュース】
平沼元経産相:新党結成の方針「参院選前に」
事業仕分け:9692億円の歳出削減 行政刷新会議で報告
10年度予算案:「仕分け」で見送りの裁判員広報費が復活
10年度予算案:「事業仕分け」節約目標に届かず
防衛省:自衛官増員を断念 「事業仕分け」受け入れ

塩野義のインフル治療薬を22日に緊急収載(医療介護CBニュース)
駐車場で巻き込み→蛇行し塀に衝突→女性死亡(読売新聞)
「おとうと」がクロージング作品に=ベルリン映画祭(時事通信)
ブログやツイッター「検察に批判的」 ジャーナリストがいうのは本当か(J-CASTニュース)
橋下知事がベトナム主席と会談、友好強化訴え(読売新聞)

<原口総務相>「関係者によると」発言…介入意図はない(毎日新聞)

 原口一博総務相は22日の閣議後会見で、小沢一郎民主党幹事長の秘書らによる政治資金規正法違反容疑報道に絡んで、メディアが取材源を「関係者によると」と表現していることに対し「(検察、被疑者どちらの関係者かを)明確にしなければ、電波という公共のものを使ってやるにしては不適だ」と述べた発言について、「誤解を受けるような発言は避けないといけない」としながらも、「(不適切という気は)まったくない」と述べた。

 原口総務相は「取材源をオープンにしなければと言う気もないし、マスコミに介入する気も全くない」と改めて釈明。今度は「検察のリークを『検察(によると)』と書くと(検察側が記者に)『出ていけ』とするのはだめだと申し上げている。感謝されこそすれ非難されることはない」と、自身がメディアを保護しているかのように述べた。

 これに対し記者から真意を問われると、「『感謝されこそすれ』は傲慢(ごうまん)だった」と撤回した。【望月麻紀】

【関連ニュース】
鳩山首相:「起訴されないこと望む」発言を撤回
鳩山首相:「石川議員が起訴されないことを望む」
原口総務相:検察側への注文だった…「関係者」発言で弁明
土地購入事件:小沢氏、今週末にも聴取 地検に応諾伝える
小沢幹事長:聴取応諾回答で、地検と日程調整へ

<民主党>検察と対決「捜査情報漏えい対策チーム」設置(毎日新聞)
またボンバル機が引き返し 警告灯の表示に不具合(産経新聞)
衆院 代表質問で与野党が激しいヤジ合戦 あきれる声も(毎日新聞)
贈賄申し込み容疑で業者逮捕=山梨・上野原市長に-警察当局(時事通信)
<不起立教員>「神奈川県教委は氏名収集停止を」 審査会(毎日新聞)

<火災>ラーメン店半焼 客死亡 埼玉・越谷(毎日新聞)

 15日午後6時50分ごろ、埼玉県越谷市相模町4、ラーメン店「札幌ラーメンすずらん」=岩尾寿一さん(65)経営=から出火、木造2階建ての店舗兼住宅を半焼した。焼け跡から、客として訪れていた近くの無職、秋谷武司さん(62)が遺体で見つかった。

 県警越谷署によると、秋谷さんは椅子に座り、テーブルに顔を伏せた状態で見つかった。店は営業中だったが、岩尾さんは客の忘れ物を届けるため常連客である秋谷さんを残して外出していた。出火原因と死因を調べている。【久保玲】

【関連ニュース】
火災:群馬で民家全焼 1人死亡
火災:別府でアパートや民家27棟全焼 2人が不明
火災:大分県別府市の住宅密集地で アパートから出火
火災:父と兄弟?死亡 「助ける」小2長男引き返し 青森
不審火:県立高で運動用具など燃える 横浜

都議補選 自・民の一騎打ち(産経新聞)
<自賠責>10年度の保険料を据え置き 金融庁審議会(毎日新聞)
鳩山首相、指揮権発動を否定=小沢氏団体事件で-衆院代表質問(時事通信)
不動産10億円超で15件=陸山会、小沢氏名義で取得(時事通信)
<診療報酬不正受給>山本被告が保釈に(毎日新聞)

上野原市長に贈賄申し込む 容疑の社長ら逮捕(産経新聞)

 業者選定で便宜を受ける目的で山梨県上野原市長に現金100万円を渡そうとしたとして、警視庁捜査2課と山梨県警は14日、贈賄申し込みの疑いで、東京都立川市の土木工事会社「東京サービス」社長、小鷹正利容疑者(64)ら2人を逮捕した。捜査2課によると2人は容疑を認めている。

 捜査2課の調べによると、小鷹容疑者らは21年4月、同市発注予定の事業の委託契約で有利な取り計らいを受ける目的で、当選直後だった江口英雄市長に現金を手渡そうとした疑い。市長は翌日、郵送で返却したという。

「品性に欠ける」民主検察批判チームに自民大島氏(産経新聞)
<元長崎市長>本島等さん、野中元議員と反戦対談(毎日新聞)
<自民・谷垣総裁>民主の対策チーム「小沢紅衛兵」と批判(毎日新聞)
特捜部執念の捜査 「国民を欺いている点で悪質」 (産経新聞)
鳩山首相、ハイチ復興支援に全力=アジア中南米フォーラム開幕(時事通信)

廃止したのに…年金振り込み元が「社保庁」に(読売新聞)

 厚生労働省は14日、昨年末に廃止された社会保険庁の名義で、15日以降も年金が振り込まれるケースがあると発表した。

 厚労省は金融機関に振り込み元の表記を厚労省に変更するよう要請するとともに、年金受給者には「年金の受け取りには問題なく、心配しないでほしい」と呼びかけている。

 厚労省によると、15日に年金が支払われる受給者は全国で約60万件。うち数万件について、振り込み元が「シャカイホケンチョウ」と通帳に印字される可能性がある。また、一部の金融機関では、以前から「ネンキン」と表記しているという。

平泉、小笠原を正式推薦=世界遺産候補-政府(時事通信)
献金割り振り表は「大久保被告が持参」(産経新聞)
<寒気>東海地方も雪景色 岐阜で積雪8センチ(毎日新聞)
内閣支持率、横ばい47%=不支持は増加-時事世論調査(時事通信)
「戦ってください」密談バラした首相の真意(産経新聞)

<外国人地方選挙権>閣内の足並み乱れ(毎日新聞)

 政府が通常国会に提出予定の、永住外国人への地方選挙権付与法案を巡り閣内の足並みが乱れている。15日の閣議後会見では、法案を担当する原口一博総務相が議員立法での提出を主張、連立を組む国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相が選挙権付与そのものへの反対を改めて明言。いずれも政府方針に逆行するもので、今後も曲折が予想される。

 同法案は11日の政府・民主党首脳会議で、選挙権付与にこだわる小沢一郎幹事長の求めに鳩山由紀夫首相が同調し、議員立法ではなく、政府が提出すると決まった。しかし、原口氏は15日の会見で「民主主義の基礎にかかわることは行政府が先にやることなのか。しっかりと国会で提案があるのが基本だと思う」と指摘。千葉景子法相も「本来は議員立法が適切かな、と考えたりする」と同調した。

 亀井氏は「日本がかつて朝鮮半島を支配したことにおわびする気持ちはなければならないが、それと選挙権を付与するのは別だ」と強調。「日本で参政権を行使したい、という外国籍の方は帰化されればいい。(法案提出は与党)3党の連立合意に入っておらず、それぞれの党での議論から始めねばならない」とクギを刺した。

 こうした反応に平野博文官房長官は「閣僚にいろんなご意見があるようだ」としつつ、「政府として提出すべく調整を進める」と政府提出の構えを崩していない。

 法案提出には閣議での全閣僚の同意が必要で、亀井氏が最後まで反対すれば閣議決定は困難。政府で同法案の作成や国会審議を担当する原口氏の慎重姿勢も法案の行方を不透明にしている。民主党内にも根強い反対論があり、政府・与党の方針を一致させる道筋は見えない。【山田夢留】

【関連ニュース】
自民党:外国人の地方選挙権は反対方針
渡部恒三氏:外国人選挙権は議員立法で
外国人選挙権:法案、通常国会へ 与野党で賛否交錯
外国人地方参政権:通常国会に法案提出方針…平野官房長官
小沢幹事長:永住外国人に地方参政権を…法案提出を要望

「捜査が進めば小沢氏が判断」=説明に期待-鳩山首相(時事通信)
「厳粛に受け止め見守る」=石川議員逮捕で官房長官(時事通信)
織田作之助賞に中丸美繪氏ら(時事通信)
精鋭400人、降下訓練始め 陸上自衛隊(産経新聞)
「“マモノ”は単なる悪態」被告の無罪主張を一蹴する検察官(産経新聞)

不審死男性への詐欺容疑=女を再逮捕へ-埼玉県警(時事通信)

 結婚詐欺で起訴された無職の女(35)の知人男性が相次いで死亡していた事件で、埼玉県警は11日、昨年8月に埼玉県富士見市で死亡した会社員大出嘉之さん=当時(41)=から金をだまし取った疑いが強まったとして、詐欺容疑で同日に女を再逮捕する方針を固めた。
 大出さんが死亡した経緯についても詳しく調べる。
 捜査関係者によると、女はインターネットの結婚紹介サイトを通じ、大出さんと知り合った。
 大出さんは昨年8月6日、富士見市針ケ谷の駐車場に止めたレンタカー内で、一酸化炭素中毒死しているのが見つかった。車内にはしちりんに入れた練炭が燃えた跡があり、遺体からは睡眠導入剤の成分が検出された。 

【関連ニュース】
不動産ファンド装い3億円余詐取か=建設会社元社長ら逮捕
詐取総額2000万円以上か=振り込め容疑で2人逮捕
町村会幹部ら4人再逮捕=関係団体から百数十万円詐取
窃盗罪で女を追起訴=連続不審死
石井社長に報酬5億円=近未来元専務ら再逮捕-3500万詐欺容疑・警視庁

銀座の時計窃盗「爆窃団」男実行・女が売却(読売新聞)
<ハイチ大地震>国際医療救援団体、医師ら派遣(毎日新聞)
「新聞止めるな」記者奮闘 神戸新聞「1・17」ドラマ化(産経新聞)
さいたまの双樹会が一時休診へ、入院患者は16日めどに転院(医療介護CBニュース)
2遺体は瀬谷さんと孫の朱莉ちゃん 群馬の3人死亡火災(産経新聞)

新製品のぜんそく治療薬で競合品との差別化に自信―アストラゼネカなど(医療介護CBニュース)

 アストラゼネカの金子潔プライマリーケア事業本部長は1月14日の記者会見で、13日に発売した成人気管支ぜんそく治療薬シムビコートタービュヘイラーについて、抗炎症効果に関するグラクソ・スミスクライン(GSK)のアドエアとの直接比較のデータを示し、「救急車で運ばれるようなひどい発作の発現回数が、アドエアより約32%減少した」などとして、差別化に自信を示した。

 シムビコートとアドエアは共に、吸入ステロイド薬と長時間作用性β2刺激薬の配合剤。アストラゼネカはアステラス製薬とシムビコートの共同販促を行い、両社合わせて2700人のMR(医薬情報担当者)を投入する。内訳は、アストラゼネカで全MR1719人のうち 1400人、アステラス製薬で2400人のうち1300人。

 会見で、アストラゼネカのマーク・マロン上級副社長は「日本市場での成功の期待は大きい」と強調。アステラス製薬の山田活郎営業本部長は「将来、大型化を狙いたい」と述べた。


【関連記事】
「ぜんそく治療薬の新たな選択肢」発売へ―アステラス、アストラゼネカ
【中医協】糖尿病、吸入ぜんそく治療剤など保険適用へ
「ぜんそく死ゼロ」目指すガイドライン―日本アレルギー学会
急性冠症候群の治療薬をFDAに申請―アストラゼネカ
抗ぜんそく薬ICS、「副作用ありそう」が4割超

小人村
ラーメン魂
けいじのブログ
自転車通勤
渋谷で働く花屋のブログ

総予算を全面見直し=独法・公益法人の無駄洗い出し-政府(時事通信)

 政府は12日、国の一般会計と特別会計を合わせた総予算207兆円(2009年度当初ベース)の抜本的な見直し作業に本格着手した。11年度予算では子ども手当の満額支給などマニフェスト(政権公約)関連の支出が10兆円規模に膨らむためで、政治主導による無駄削減に改めて取り組む。
 同日開かれた閣僚懇談会で、菅直人副総理兼財務相は全閣僚に対し、各省庁が所管する特会に加え、官僚OBの天下り先となっている独立行政法人や公益法人の無駄を総点検するよう指示。この後の記者会見では「10年予算案の編成は3カ月半と時間的な制約があり、(特会など)制度や組織の問題に深く切り込めなかった。今年が正念場になる」と決意を表明した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

My First JUGEM!
登山のすすめ
ショッピング枠現金化
パチンコ攻略
アフィリエイト ホームページ

大雪 国道の車両56台埋まる 111人救出 北海道(毎日新聞)

 発達した低気圧の影響で、6日の北海道内は太平洋側東部を中心に大雪となった。えりも町から様似町にかけての国道336号では5日夕から暴風雪が強まり、車両56台が雪に埋もれるなどして立ち往生。車内の計111人が消防署員らに救出され、このうち84人がえりも町内の公共施設で一夜を明かした。けが人はなかった。

 えりも町によると、5日午後5時35分ごろ、「吹きだまりで車が埋もれている」と町に通報があり、除雪車などを出動させた。現場付近では多いところで積雪が1.2メートルに達しており、救助作業は6日午前1時まで続いたという。札幌管区気象台によると、えりも町での降り始めからの降雪量は77センチを記録した。【木村光則】

【関連ニュース】
事故:祖父運転の除雪車にひかれ1歳児死亡…大雪の弘前
雪:上信越道で車スリップ、東海道新幹線減速で5万人影響
大雪:雪下ろし73歳死亡 東北などで30~40センチ
雪:東海地方でも 岐阜・白川98センチ、高山31センチ
寒気:金剛山で初冠雪 大阪・奈良

スリーステップス
ひろしのブログ
モバイル ホームページ
ライブチャット
現金化

保育ママたちの活動写真展(産経新聞)

 育児が困難な保護者に代わって自宅で乳幼児の面倒をみる家庭福祉員(保育ママ)が子供たちの日常を撮影した写真約500枚を紹介する「家庭福祉員活動写真展」が東京都墨田区役所で開かれている。

 保育ママ制度を知ってもらおうと平成15年から毎年開催。現在同区では20人の保育ママが50人の子供を世話している。写真は公園で子供が遊び回ったり、昼寝をしたり、パーティーで仮装したりしている様子を保育ママの視線から切り取ったもので、ぬくもりのある作品が並んでいる。10日まで。

My First JUGEM!
j0rzsy7hの日記ブログ管理ツール
現金化
債務整理
ショッピング枠現金化

<雑記帳>不景気吹き飛ばそう…「いきおい守」増産の人気(毎日新聞)

 宮城県塩釜市の塩釜神社が寅(とら)年にちなんで作った「いきおい守」が年初から人気で、用意した1万個が連休最終日の11日に品切れになる珍事に。神社は急きょ、3000個の“増産”に入った。

 お守りは縦4センチ、横6.5センチ。財布を思わせる横形で800円。トラの親子が描かれ、金色のトラのミニチュア細工も付いており、「トラの勢いにあやかり、不景気を吹き飛ばそう」との願いを込めた。

 ロングセラーになっている8年前の「ウマくいく守」以来のヒットになりそうで、神社側はうれしい悲鳴。その半面、「それだけ世情が深刻になっている証拠では?」と心配している。【渡辺豊】

u5fnffhtのブログ
渉の部屋
債務整理無料相談
アフィリエイト ホームページ
クレジットカード現金化

被害者参加制度の裁判員裁判、厳罰化見られず(読売新聞)

 犯罪被害者や遺族が刑事裁判に参加する被害者参加制度が適用された裁判員裁判では、検察官の求刑と比べて判決の懲役年数の割合が8割程度となっていることが読売新聞の集計で分かった。

 被害者参加がなかった場合よりはやや高いものの、顕著な厳罰化の傾向は見られない。裁判員裁判への被害者参加を巡っては、裁判員が被害者の意見に影響されて厳罰化が進むとの懸念もあったが、専門家は「裁判員は被告と被害者双方の主張をよく聞き、バランスのとれた判断をしている」と話している。

 2009年に行われた裁判員裁判138件のうち、被害者参加制度が適用されたのは18件で、21人の被告に判決が言い渡された。実刑となった17人の量刑を検察側求刑と比較すると81・7%で、被害者参加がない裁判の平均(77・8%)と約4ポイントの差だった。

 意見陳述の中で被害者側が具体的な量刑を主張したケースは7件。JR東京駅で女性を突き落とした男が殺人未遂罪に問われた東京地裁の裁判では、検察官が、被告は東京・秋葉原の無差別殺傷事件を模倣しており厳しい刑が必要だと指摘して懲役12年を求めた。被害者側も同20年を主張したが、判決は同9年にとどまった。判決後の記者会見で、女性の裁判員経験者は「(検察側が)ことさら秋葉原事件と同種の事件を犯そうとしたと強調するのはどうかと思った」と述べている。

 遺族側が死刑を求めた殺人事件も横浜地裁と名古屋地裁であり、判決はそれぞれ同19年(検察側求刑・懲役22年)と同17年(検察側求刑・同18年)だった。名古屋地裁の判決後の会見では、男性の裁判員経験者が「被害者は『死刑に』と考えるが、法的な立場に立って考えるとそういうものではない」と語った。

 また、熊本地裁で10月16日に判決があった傷害致死事件では、被告人質問で遺族の姉が「(謝罪に)誠意を感じられず、受け入れられない」と語り、遺族の代理人弁護士も求刑意見で「重い処罰」を求めた。検察側求刑の懲役7年に対し判決は同6年。判決後の会見で女性の裁判員経験者らが、「遺族の話には胸が痛んだが、冷静に判断した」「(遺族の話に)流されてしまうのはどうかと思った」などと量刑への影響を否定した。

 一方、同地裁で12月4日に判決があった強姦(ごうかん)致傷事件では、被害者側の代理人弁護士が求刑意見で「可能な限り長い懲役」を求め、判決では検察側の求刑通り懲役10年になった。これを含め、判決が検察側求刑の9割以上となったケースは4件あった。

 被害者が参加した裁判員裁判の量刑傾向について、諸沢英道・常磐大教授(被害者学)は「裁判員はしっかりと被害者側の声に耳を傾け、その上で法律を考えてバランスのよい判断をしているように見える。量刑への影響は件数が増えないと分からないが、今のところ厳罰化の傾向は表れていない」と指摘している。

 ◆被害者参加制度 2008年12月に導入され、殺人や傷害、危険運転致死傷などの刑事裁判が対象。裁判所が認めれば、被害者や遺族が法廷で、被告や証人に質問することができる。また、検察官の論告とは別に、事実関係や量刑などに関する意見を述べることができる。

さだしカンタービレ
モモキチサンタ
モバイル ホームページ
競馬情報
クレジットカード現金化 即日

前副知事が「旅行に行こう」=幹部ら予算使い慰安か-福岡県町村会の詐欺事件(時事通信)

 福岡県町村会幹部らによる詐欺事件で、逮捕された同会幹部らが会の予算を使い、顧問を務める中島孝之前副知事(67)と一緒に北海道などへ視察旅行に行っていたことが8日、関係者への取材で分かった。幹部らは裏金で前副知事を接待したとされるが、旅行については「慰安旅行だった」「前副知事から行こうと言われた」などと話しているという。
 関係者によると、元同会事務局次長田中剛佑容疑者(70)=詐欺罪で起訴=らと前副知事は、同会が毎年夏に東京で行っている町村長中央研修会の後などに、北海道のほか東北、関東へ視察旅行。費用は同会や事務を兼ねる県市町村振興協会の旅費予算から出ており、北海道には同協会理事を務める県幹部も同行していた。
 田中容疑者は、「顧問料を払ってないのに、相談にのってもらっているので、前副知事の慰労の意味だった」などと説明。「わたしと天野敏哉容疑者(49)=同=に同行してほしいと言っている」などと、町村会の上司に前副知事の意向を伝え、許可を得ていたという。
 視察後の報告書などはなく、当時の上司は「内容について報告は受けていない。報告書を書く義務規定もないはず」と話している。また、同行した県幹部は「地域振興に役立つと考えた」と話している。 

k36ezjbeの日記ブログ管理ツール
m3bkpn50の日記ブログ管理ツール
競馬情報
ショッピング枠現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 

女子高生ら2人を児童買春 容疑の海上自衛官逮捕(産経新聞)

 女子高生ら2人に現金を渡し、みだらな行為をしたとして、神奈川県警少年捜査課などは6日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、海上自衛隊呉地方総監部の海曹長、迫田定(さだむ)容疑者(46)=広島県呉市=を逮捕した。県警によると、迫田容疑者は「制服姿を写真撮影しただけだ」と容疑を否認しているという。

 県警の調べによると、迫田容疑者は昨年1月25日と2月3日の2回にわたり、神奈川県厚木市のホテルで、当時女子高生だった無職少女(17)ら2人に現金計8万円を渡し、みだらな行為をした疑いが持たれている。

 迫田容疑者は1月25日と2月3日は神奈川県横須賀市の海上自衛隊に、艦隊の訓練のために出張していたという。1月25日に会員制の出会い系サイト「わくわくメール」にアクセスし、少女と知り合った。少女が「女2人で3P希望」と書き込み、迫田容疑者が「制服持っている人希望」などとメールで連絡してきたという。

 県警によると、迫田容疑者は少女らに自分はカメラマンだと偽り、制服姿で写真撮影し、別に計2万円を渡していた。迫田容疑者は警察の捜査を警戒し、少女らに金を渡す際、「靴下に隠して、警察に呼び止められたら、写真撮影していただけとだ言うように」などと指示。また、ベッドのシーツを直し「シーツをきれいに整えておけば、ばれることはない」などと話していたという。

【関連記事】
早大生を高校生買春容疑で逮捕 みだらな行為はやったが金の約束は…
児童買春で中学校教諭を懲戒免職 京都市教委
買春容疑で司法書士逮捕 別の少女とも「3回やった」
携帯サイトで知り合った中学生を買春 容疑の県立病院医長逮捕
「セックス好き。教え子と同年代の子と…」 買春容疑の高校教諭逮捕

g1epfms0のブログ
g2faowggのブログ
クレジットカード現金化 即日
現金化
クレジットカード現金化 比較

<大雪>関東北部でも あすにかけ(毎日新聞)

 急速に発達しながら進む二つの低気圧の影響で、5日から6日にかけて日本海側を中心に大雪などの恐れがあるとして、気象庁は5日、暴風と高波、大雪に関する気象情報を発表し、警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、日本海中部にある低気圧は東に進み、5日夜に太平洋側を北上する別の低気圧と一つにまとまる見込み。低気圧の通過後には強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まるという。

 北日本から北陸で予想される最大風速は、陸上で20~23メートル、海上で25メートル。北日本と北陸の沿岸では、波の高さが6メートル超の大しけになるという。6日午前6時までの24時間降雪量は多い所で▽東北の日本海側80センチ▽北海道、関東北部、北陸、中国50センチ▽東北の太平洋側、甲信、岐阜県、近畿北部40センチ--の見込み。中国地方から東北地方にかけての日本海側では、7日にかけても大雪となるおそれがあるという。【デジタルメディア局】

【関連ニュース】
事故:祖父運転の除雪車にひかれ1歳児死亡…大雪の弘前
雪:上信越道で車スリップ、東海道新幹線減速で5万人影響
大雪:雪下ろし73歳死亡 東北などで30~40センチ
雪:東海地方でも 岐阜・白川98センチ、高山31センチ
寒気:金剛山で初冠雪 大阪・奈良

プロレス魂
かずおのブログ
現金化口コミ
即日現金化
2ショットチャット
プロフィール

もんまよしお

Author:もんまよしお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。